カジキマグロへの道 ~3670日目~

釣りデビュー10周年ということで、
BRIOとTARZANの3人で思い切って奄美大島へ!
狙いはキャスティングでGT!
という企画だったのですが、
どういうわけか「ムロアジの泳がせ釣りで大型魚」に変更。
ま、船長のお薦めには逆らわない方がええに決まってます。
今回はレンタルタックルということで、
お遊び程度のジギングタックルだけ用意して出発。

Kix

関空から奄美空港まではバニラエア。
短時間のフライトなので問題なし!
フライトもスケジュール通り、無事に到着。

Vanilla

空港でレンタカーを借り、奄美大島に初上陸!
時計は12時を回った頃。
お昼は奄美特産を食べようということで、
レンタカー屋さんで尋ねてみると、
「鶏飯ですね。20分くらい走ると右手にありますよ。」
有名店の「ひさ倉」。
せっかくなので「鶏刺」を追加。

Torisashi

鶏飯ってこんな感じ。

Keihan

お茶漬け感覚でいただきます。

Keihan2

ここのお出汁は美味い!
ご飯もお出汁も御代わりができると案内されたけれど、
1杯食べればお腹いっぱい!
少し早いがホテルにチェックイン。
ジギングのセッティングだけ済ませて、
時間潰しにホテル周辺の釣具屋さん散策へ。
「大阪から来たんです。明日出船なんですよ!」
「せっかくなのに残念だねー。大雨。80%。」
ホテルに戻ってフロントで天気予報を尋ねても、
スマホの天気予報を見ても、
朝から晩までずーっと雨。
いやいやいやいや、
あきらめたらアカン!
この超晴れ男が何とかしてみせますがな!
「絶対に雨は降りませんよ!晴れ男やからっ!」と宣言。
とは言えテンション下がり気味の3人。
とりあえず前夜祭だけでも盛り上がろうということで、
近くの居酒屋へ。
メニューを見ると…

Suzumedai

これ…ターバンが淡路島で飛ばしサビキで死ぬほど釣って、
持って帰って食べてた魚やん。
あの魚は食べませんよ!とか言うてたのにメニューに…

Suzumedai_menu

「ごめん、ターバン…」
メニューには関西では見かけない魚のオンパレード。
興奮してついつい注文してしまいます。
そして、明日早朝から釣行だというのに、
かなり飲んでしまいました…
翌朝。
雨はポツリポツリと感じるものの曇り空。
晴れ男 頑張りました!

Cloudy

教えられた漁港へ行き、船長とご対面。

Fune

「せっかく遠方から来られたので、
本当なら出船しないくらいの条件ですが、
何とかやってみましょう!」と。
ありがたい!
「今日のプランですが、
まず1時間半ほど走ってからムロアジのポイントへ行きます。
ムロアジを釣る前に、皆さんご希望のジギングを少しだけ。
ムロアジを狙って大型魚が来ているかもしれません。
大型って、GT、カンパチ、時にはカジキマグロも。」
カ、カ、カ、カジキマグロ!
釣ってまうかも…(笑)
そしてジギングを終えてからサビキでムロアジを釣っていただいて、
ムロアジの泳がせで大型魚を狙います。
往復の移動に約3時間。
8時間のお約束なので、5時間ほどの釣りになります。
延長される時は1時間1万円いただきますね。
じゃ、出船しますので、
ポイントに着いてすぐにジギングが始められるように、
今のうちにセッティングしておいてください。」
いよいよやん…
出船準備中に船上でジグをセット。
しかし揺れる。
揺れる揺れる。
これヤバイんちゃうか。
船酔いするかも。
昨夜飲み過ぎたのがアカンかったかな。
飲み過ぎでなくても、こんなけ揺れたらアカンやろ。
いやまだ港内やん。
アネロン飲んだのに。
出船前からイヤ~な感じ。
それでも走り始めると、良い風に当たって、
すぐに回復するはず。
しかし波高いなぁ。
めちゃ揺れるやん。
こんな揺れる中で釣りやってんで!って、
証拠のムービー撮っといたろ。
ほらめっちゃ揺れてるやーん!
アカン、スマホの画面見てたら酔うてきた…
出船して5分。
エンジン停止。
「あのお客さん。
誠に申し訳ありませんが、
昨日修理してもらったエンジンが直ってなかったようで…
ポイントまで走ると、戻って来れなくなる可能性があるんです。
この先辺りでジギングしてもらっていいですか?」
ジギング…って、ライトタックルやん。ジグも数本やし。
根魚くらいしかアカンやん。奄美まで来て、GSR?
でもやるしかないやん。
これで大雨やったら暴れるところやで、ホンマ。
260gの大型ジグを少し小ぶりのジグに付け替えて…
付け替えて…
付け替えて…
アカン、ジグ交換するだけで吐きそう…
完全にヤバイ。船酔いやわ。
釣れるか釣れんか知らんけど、
とりあえず今ついてるジグでシャクる。
いきなりTARZANとBRIOがヒット!

Ojirobarahata

1尾でも釣れると酔いから覚めるのに…
シャクっても
シャクっても
かすりもしません。。。。
ジグ替えたい。
でも替えると吐く。
でも替えないと釣れない。
でも替えると吐く。
このまま続ける。
ようやくヒット!
でも変なアタリ。
引くけれど、軽い…
何がヒットしたん?

Kamasu

KMS-LL
これじゃ酔いも覚めん。
ジグ替えたい。
これじゃまたカマスが来るだけやん。
カマスばっかり釣っててええの?
ジグ替えたい。
でも替えると吐く。
ヒット!
またカマス?
いやいや、今度は違う。引き方が。
下へグイグイと。
タイ?

Amamifuefuki

アマミフエフキ?



なかなかいいサイズ。食べても美味しいらしい。
いやいや、小さいのでいいからカンパチとか無いの?
あーホンマにジグ替えたい…
でも替えたら吐く。
ヒット!
軽ッ!
でも走る!
走る魚?


と言えば…

Sumakatsuo

K2O-L。


「スマは美味いよ!」と船長。
いやいや、喜んでる場合ちゃうし。

エンジンどうにかしてよ!
「おっ!どうした?来たかっ?」
隣りのTARZANが必死のパッチでリールを巻くものの、
どうみても出て行く方が多い。
「す、すごいです…」
言うたことも、言われたことも無いワード。
TARZANのことやから、根掛かりってことも大いにあり得る!
でも今回は根掛かりじゃなさそう。
カツオでもあんな風に上げるようなところもあるしなぁ…
いやいや、これはホンマにデカそう。
「絶対に頑張って上げてよ!」船長がエールを。
約15分のファイトのあと、水面に巨大な白く輝く魚影が…
あ、写真撮りたかったけど、実はオマツリしてしまってて、
手が離せず…
たも網に収まり切らないほどの巨大な…
カンパチ!
やりましたーーー!!! TARZANが。

3shots

30キロはありそうな巨大カンパチ!
こんなの初めて見たわ。
奄美空港前の和野曽根という近海のポイントでも、
こんなサイズがいるんやね。
さすが奄美大島!
この興奮で一気に船酔いも覚めて…
といきたかったのですが、
引き続き今にも吐きそうな状態。
納竿の時刻が刻々と迫る中、
30キロとは言いません。
5キロでいいから…
ヒット!
「来たかっ?」と船長。
「来ましたが、超チビさんですわ…」
名前も「チビキ」。

Chibiki

何とかもうひと流し…
「それでは終了させてもらいます!」
The End。。。
いやぁ何とか釣りをあきらめることなく、
吐かずに耐えました。
今日一の仕事は、
雨を降らさなかったこと!かな。
夜は船酔いを引きずったまま宴会へ。
釣り魚を料理してくれる居酒屋に、
プチカンパチとスマカツオとアオチビキを持ち込み、
お刺身と塩焼きにしてもらいました。
釣りたて新鮮な魚は美味い!
海に感謝やわ。

Sashimi

Chibiki_shioyaki

あの巨大カンパチですか?
大阪で独り暮らしのTARZANは、
滋賀のご両親のもとに送る手配を。
「カンパチ釣れたから送るわ。」
「おおそうか、ありがとな!」
きっとこれくらいの会話でしょう。
届いたらきっとご両親腰抜かしはるわ。

Kampachi

Kompou

10周年記念釣行は、
残念ながら荒天、エンジントラブル、船酔いという、
三重苦に見舞われた釣行になってしまいました。
でも1年以上ごぶさたしていた釣り熱が、
再びメラメラと燃え上がり始めました。
次回はBRIOの企画で周参見からシマアジ狙いで出撃です。
その前に行きたいなぁ、淡路島!

| | コメント (2)

カジキマグロへの道 ~3278日目~

土日の用事が増えてしまったことと、
日程調整して計画しても荒天で出船中止になったりで、
ここ数年は半年に1回ペースになってしまいました。

     (-゛-メ) コレジャイカン!!!!

林立するロッドたち、山積みされたリールたちが泣いてるやん。
ということで、約7ヶ月ぶりの釣行です!
久しぶりなので、BRIOと二人して日本海でブリ狙い!
あの「ガツンッ!」ってアタリと、そこからのファイト!楽しみや!
のつもりで予約したのですが、釣行2日前に船長から、

「青物はあんま良くないらしいから、浦島のタラ行くわ。」

     w(゚o゚)w タラチャンデチュカ????

タラと言えばアタリは「モソッ。。。」
ファイトは50mに一度有るか無いかの「グッ。。。」
おまけに200m以上の水深なので、
巻き上げるのが大変。
元々重い350gのジグにかなりの水圧…

     (ノ_-。) テンションサゲサゲ…

しかし、釣りって行ってみると楽しいもんです♪
午前中雨が残るという天気予報は外れ、
曇り時々晴れの絶好の釣り日和!
天気予報が良くなかったからか、
タラジギングの人気が無いからか、笑
定員15人に対して乗船者は9人。
船上ゆったり♪

朝8時に出船!
宮津からポイントの浦島エリアまで走ること約2時間。
いいお天気なので、デッキで寝そべるジガーも…

Fine_day

船長曰く、
ラインシステムはPE1.5号から2号にリーダー7号で十分。
ジグは350gで最近はタコベイトに食ってくるので、
フロント、リアともにタコベイトでいい釣果が出てるから。

     (゚ー゚; イマサライワレテモ…

タコベイトの場合はアクションを大きく取らず、
ジグが突っ立った感じで小さめのアクションがいいから。

     (-.-) イメージ イメージ…

今日のタックルは…
ロッド  シマノ Game Slow Type J B863
リール  シマノ Ocea Jigger 2000NRHG
ライン  PE2号(300m巻)+リーダー7号(1m)
ジグ  スロースキップ Freq 350g
フック がまかつ マダラトレーラー

船長の言葉をイメージして根掛かり覚悟、ベタ底勝負!

     (゚ー゚; キタッ????

ノソッと重みを感じるが生体反応無し…
やたらと重い。
根掛かり?いや、ゆっくり上がっては来る。
網?岩?何?
船長が寄ってきて、拙者のTシャツをつまみながら…

「スレ掛かり。」

正解。さすがはがまかつのフック!
お腹にしっかりフック!まさに瞬殺!

それからはコンスタントに…

     キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

明確なアタリが定期的に。

Doyagao

根掛かり多発エリアで3つロストしたけれど、
合計6尾ゲッツ!
BRIOも5尾ゲッツでノルマとしていた5尾をクリア!

Choka

しかしさすがに肩と腕はパンパン。
そして一日中揺れるデッキで立ちっ放しでクタクタ…
体力落ちてるの実感したわ~

15時に納竿となり17時に帰港。

宮津漁協の製氷機でクーラー一杯に氷を満たし、
(300円で12キロは激安!)
宮津天橋立ICから京都縦貫道へ。

早速…【宝塚西渋滞11キロ】

疲れ果てたカラダに11キロの渋滞はキツい。
いつもなら西紀SAで1時間仮眠取って時間調整をして、
渋滞解消の頃に帰るけれど、
今日は京都縦貫道で大山崎JCTまで走り、
名神→中国道で帰ってみよう。
距離は12キロくらい遠くなるけど、チャレンジ!

結果、渋滞は全く無く、19時前には宝塚IC到着。
これは使える!

     ┐(´-`)┌ \1,000 タカイガナ…

ソフトボールチームの仲間たちに3尾もらってもらい、
帰宅後に3尾を下処理。

Tara_bros

     (人><。) オトコノコガイマスヨーニ!!!

一番下の子が男の子でした。

Shirako

明日から、お刺身、タラ鍋(白子入り)、肝煮、ソテーとタラづくし!

ドヤ顔写真は船長が船のFBの釣果報告用に撮った写真。
タラを撮りたかったんじゃなくて、
拙者のTシャツが気に入ったから撮ったとのこと。

     ε-( ̄ヘ ̄)┌ ナンジャソリャ…

そう言えば、5年前に初タラジギングの時も、
他の船で写真撮ってもらってたなぁ…

Dscn5368s

やっぱ同じTシャツ!色違いやん!笑


次回の釣行予定は11月10日。
昨年、荒天で出船中止になったタルイカのリベンジ釣行です。
あのジェット噴射をどうしても体験したいので行ってきます!

てか、淡路島釣行行きましょう!

| | コメント (2)

カジキマグロへの道 ~3076日目~

今年の初釣行は「鯛サビキ」@小豆島。
最近の鯛サビキの釣果報告をネットでチェックしてみるが、
ほとんど更新されていない…
ということは、釣果が悪くて掲載していない可能性大。
今日も厳しいやろうけど、
今までは何だかんだ言っても釣れてるし、
きっと大丈夫やろう…と思ったけど甘かった。

船長のブログによると
「流速最強でも0.3ノットと動かず…大苦戦。」

マジ参りました。

Dsc_0145

結局、船中11人で真鯛はなんと1尾。
ほかにスズキが7尾のみ。
6人がボウズという惨憺たる釣果でした。

Dsc_0146

拙者は真鯛には見向きもされず…
なんとかスズキ2尾。
1尾は70cmで良型でした。

170319_mitachi

鯛サビキで困るのは、10mほどある長いサビキが絡んでしまうこと。
マグネットに鍼をくっつけるという方法があるけれど、
風が強いと吹っ飛んでしまう。
実際、初めての時には何度仕掛けを絡めてしまってダメにしたか…

今回はAmazonで見つけた吸盤を使ってみました。
何と大成功!
一度も絡むことなく釣りに集中できた!

Dsc_0137

と、言いたいところですが、
仕掛けをロッドと錘に取り付ける際に絡ませてしまって、
2セットほどダメにしてしもたし…

船長曰く、鯛サビキでの出船と案内すると、
年々乗船者数が減る一方。
やっぱ取り扱いが面倒だからと思う。
それにここ数年のカブラブームが相まって…

この船も4月1日からはカブラで出撃とのこと。
落として巻くだけのカブラは比較的簡単。
また皆で行きましょう!

次回こと真鯛ゲッツ!

| | コメント (0)

カジキマグロへの道 ~2900日目~

釣りを始めてもうすぐ丸8年。
ルアーフィッシング中心になっていますが、
当然やってるはずのアレは実は未経験。
アレとは…

「イカ釣り」

釣り友BRIOに口説かれ、今回とうとう初挑戦!
イカを避けてきたワケじゃないねんけど、
船釣りだと、胴付に浮きスッテをいくつも付けて、
なんか絡まりそうやし、
釣行も集魚灯でベイトになる小魚を寄せるため
ほとんど深夜になるし、
「ちょっと面倒」ってだけ。

今回は専用ロッドを購入し、ヤル気満々!
しかし、マイカの方はここのところの水潮に、
すっかりヤル気を喪失しているようで、
釣果は全く期待できないとの情報。
しかし、シーズン終了までもう時間がない、
せっかく新調したロッドを来シーズンまで使わないってのも
悲しい話しなので、ボウズ上等!玉砕覚悟で行ってきました。

Dsc_0410

敦賀・色浜からの出船。
自宅から車で約2時間強。
15時半集合で、くじ引きで釣り座を決め、
16時半出船。
ポイントまでは約50分。

船長に初挑戦であることを伝え、
イカメタルの釣法について簡単なレクチャーを受け、
いざ挑戦!

Dsc_0419

アタリかな?と思ったら即合わせ!

いつものジギングとは違い繊細なアタリを取るイカメタル。
竿先に神経を集中させ…
合わせること数十回、一度も釣ったことないから、
どれがアタリか分からず、潮の流れをアタリを勘違いしまくり…

これは明確なアタリ!と合わせをいれるとズシリ!
タダ巻きで上げる途中にゴンと反応があり、
何となく軽くなったような…
巻き上げてみると、エギには足だけ…
釣果を妨げているサゴシに喰われたよう。

BRIOはサゴシの猛攻に遭い、
錘スッテを取られ、ラインを切られ、ホンマに災難。

なんとなく、アタリが分かり始めて…

Chikuhomaru

初マイカ!良型!

しかし、この後またまた厳しい時間が続き、
ちょっとタナを下げてみるとヒット!

Dsc_0413

スルメイカ。
あまりにもマイカのアタリが来ないので、
深いところにいるスルメイカを狙ってみたら、ヒット!
でもこれ以降、スルメイカはアタリなし…

1時間に1杯的な、しんどい釣行でしたが、
船内皆そのような感じで、
まぁ仕方ないか…
シブい時期での初挑戦にしては上出来でしょう。

釣果はマイカ5杯、スルメイカ1杯。

Dsc_0414

23時40分納竿。
帰港したのは24時半。

Dsc_0416

SAで仮眠をとりつつ帰宅。

家族の朝ごはんに間に合うようにお刺身に。

Dsc_0417

Dsc_0418

さすがに美味しい!甘い!

活性の高い時期にはひとり数十杯釣るのがフツーだと聞くけれど、
その時期に行くと楽しいんやろなぁ。
さばくのも簡単なので、数釣りもいいもんなぁ。

マイカのシーズンは終了で、来月からはタルイカ狙い。
胴長1m以上を狙ってみたいなぁ。
ヒットして逃げるときのジェット噴射もハンパないらしい。
楽しみじゃ。

| | コメント (5)

カジキマグロへの道 ~2837日目~

取引銀行の支社長は本物の釣りキチ。
時間があれば、お金があれば、釣りにつぎ込むらしい。
よく釣りビジョンで見かける某釣り具メーカーの開発スタッフさんたちと
一緒に釣行に出る機会も多いとのこと。
しかし行内に釣りが趣味だという行員がおらず、取引先にも数人程度。
その数人のうちの一人になってしまったもので、
支社長との面談時の話題はいつも釣り。

「今度、直江津工場を見学させてくださいよ~!」

直江津なんて滅多に行く機会がないので、
ぜひそこで釣りをしてみたいのでしょう。

タックルがたくさんになるので車で行くことに。
50ℓのクーラーボックス2つにタックルボックス3つ、
ロッドは8本に着替えやなんやかんや積み込むと、
愛車はルームミラーが見えないくらいタックルで満載…

宝塚のご自宅まで迎えに行き、直江津まで500キロ。
事故渋滞のために約7時間…しんど…

工場見学や港湾施設の見学を済ませて、
夜の宴席は日本海に面した料亭。
お天気にも恵まれ、水平線に沈む夕陽を眺めながらの会食。

Dsc_0273

ついつい勧められるままに飲み過ぎた日本酒のおかげで、
翌朝4時の集合時間にまさかの寝坊!
酔っ払って目覚ましの時間をセットし間違えた!
何とか5分で用意して謝る謝る…m(__)m

ジギング船はチャーター。

201311131250456679




今日は全く潮が動かず、船長もあきらめモード。
青物は全く喰って来ず、何とか根魚を引っ張り出すことに集中。
支社長は鯛カブラやインチクを使って、
アコウを続けざまにヒット。
拙者にもフォール中にようやくヒットが。
上げてみると赤色ではなく真っ黒。
黒ソイでした。しかし40㎝超で満足。
それからも潮が動かない厳しい状況やったけど、
40㎝超のアコウもヒットしてくれたので良かったぁ~。

Dsc_0277

12時に釣行を終えて、そのまま500キロ運転。
渋滞が無くて良かったけど、さすがにクタクタや~。
釣りキチ支社長からいろいろと学ぶところもあり、
仕事にも趣味にも有意義な出張になったということで、
今後の業績と釣果の右肩上がりに期待!(笑)

| | コメント (2)

カジキマグロへの道 ~2816日目~

毎年7月の恒例になった「浦島タラジギング」へ。
今回の釣行メンバーはBRIOにヤマモンの3人。

今回はこんなジグを持って行きました。

1_2

梅雨なので心配していたお天気も曇り時々晴れ。
出船には問題なし!

朝7時に宮津港から出船し、浦島漁礁まで約1時間半強。
強風で波も高い。

200~250mの水深で、それも底から数メートル勝負の釣りなので、
今日は苦戦しそう。

まずは浦島でのタラジギング。
波が高く揺れる揺れる。
思うようにジグが動かせないし、
オマケに最悪のキツイ2枚潮…

そんな悪条件の中でもヤマモンがミニタラを1尾!

しかし船酔いでそのままキャビンへ。
結局、最後まで復活することなく、
ヤマモンはキャビンで一日過ごすことに…

3_2

せっかく今日のためにクーラーボックスを新調したのになぁ…
シマノ製やのに安いのがあったんです!
と昨夜釣具屋さんからのLINE。
今朝、港に着いて車から下ろし、船まで運ぶ時に初めて気付いたらしい…

「安いハズや… キャスター付いてへんやん…」

苦戦しながらも、60cmのタラちゃんゲッツ!

2_2

もう1尾、ひと回り小さいタラちゃん1尾追加で終了。

次はカレイ。
これまた、底から50cmでの勝負なので、
この高波と潮ではツライ…
底にジグを置いてしまって、
背中合わせの人とオマツリさせること2度…
申し訳なかったなぁ~。

しかしちゃっかり…

Dscn0092s1

いやいや、今日の釣りは難しかった…
久しぶりのジギングで、感覚が鈍ってたこともあったけど…
釣りたかったタヌキメバルも釣れず…
また来年、リベンジですわ。

4

タラ 2尾。
カレイ 2尾。
沖メバル 2尾。

地味~に帰港。(笑)

5

最近は鯛カブラやスロージギングの機会が増えたけど、
久しぶりに青物狙いの釣行も行ってみたいな。
ファイトを忘れてしまいそう。

次回は恐らく直江津から出撃。
どんな釣行になるのやら…

| | コメント (0)

カジキマグロへの道 ~2739日目~

昨年7月以来の出船デス!
BRIO、TARZAN、ヤマモン、カツオと5人で出撃。

今回、BRIOが選んだのは鯛カブラ。
ポイントは宮津から出船して約1時間半。
110~130mの深場での真鯛狙い。
潮も速いので250gまでのカブラを用意するようにと。
250gのカブラなんであるん?って感じ。
鯛カブラと言えば、明石での水深50mまでで、
せいぜい50~60g程度。
250gなんて必要あるんかいな?

必要あるんです!!!

潮が速くて、250gでも底取りは至難の業。
110mの水深で180mもラインが出るし…
引き重りがすごくて、巻き取るのも必死のパッチ。
風が強くて船はメチャ揺れで立ってるのも必死のパッチ。
まぁ苦労しましたわ。

船中、まったくアタリ無し。
時間だけが過ぎていきます…

と、思ってたらコンコンッと軽いアタリ。
このアタリは真鯛じゃなくって根魚やろうと思い、
一発合わせを入れると、バレてしまいました…
真鯛やったんやろなぁ…

しばらくして、モゾモゾっていうアタリが。
これはカレイでしょ。
昨年7月にも釣った宗八カレイ。
美味しくて好評でした。
バレないように巻き続け、無事ランディング。

12991078_1023702437697502_479437665


ヤマモンもヒット?
「ちゃいますねん。回収してるだけですわ。」
と言ってたのに…

13015400_1023702457697500_679662344

「あ…釣れてましたわ。」と会心の笑み。


今日は午後便を選んだのが失敗。
宮津港から朝5時という出船時間に怯んでしまい、
いい潮を逃してしまいました。
朝便はそこそこの釣果だったので、
やっぱ楽したら釣れませんな。

40センチ強の宗八カレイを今日はお刺身で。

12987164_837977382973790_7260365940

まずは両面のうろこを落とします。

13051534_837977399640455_8039621636

それから5枚に下ろします。

13007180_837977412973787_6846939739

皮を引いて…

12974290_837977429640452_1026167261

お刺身に。

12985383_837977459640449_1602890951

これだけ新鮮だと、お刺身もお塩で食べると美味い!

今年は釣りも復活しようと思うので、
Caissonsの皆さん、よろしくお願いしますね!

| | コメント (2)

«カジキマグロへの道 ~2606日目~