カジキマグロへの道 ~3076日目~

今年の初釣行は「鯛サビキ」@小豆島。
最近の鯛サビキの釣果報告をネットでチェックしてみるが、
ほとんど更新されていない…
ということは、釣果が悪くて掲載していない可能性大。
今日も厳しいやろうけど、
今までは何だかんだ言っても釣れてるし、
きっと大丈夫やろう…と思ったけど甘かった。

船長のブログによると
「流速最強でも0.3ノットと動かず…大苦戦。」

マジ参りました。

Dsc_0145

結局、船中11人で真鯛はなんと1尾。
ほかにスズキが7尾のみ。
6人がボウズという惨憺たる釣果でした。

Dsc_0146

拙者は真鯛には見向きもされず…
なんとかスズキ2尾。
1尾は70cmで良型でした。

170319_mitachi

鯛サビキで困るのは、10mほどある長いサビキが絡んでしまうこと。
マグネットに鍼をくっつけるという方法があるけれど、
風が強いと吹っ飛んでしまう。
実際、初めての時には何度仕掛けを絡めてしまってダメにしたか…

今回はAmazonで見つけた吸盤を使ってみました。
何と大成功!
一度も絡むことなく釣りに集中できた!

Dsc_0137

と、言いたいところですが、
仕掛けをロッドと錘に取り付ける際に絡ませてしまって、
2セットほどダメにしてしもたし…

船長曰く、鯛サビキでの出船と案内すると、
年々乗船者数が減る一方。
やっぱ取り扱いが面倒だからと思う。
それにここ数年のカブラブームが相まって…

この船も4月1日からはカブラで出撃とのこと。
落として巻くだけのカブラは比較的簡単。
また皆で行きましょう!

次回こと真鯛ゲッツ!

| | コメント (0)

カジキマグロへの道 ~2900日目~

釣りを始めてもうすぐ丸8年。
ルアーフィッシング中心になっていますが、
当然やってるはずのアレは実は未経験。
アレとは…

「イカ釣り」

釣り友BRIOに口説かれ、今回とうとう初挑戦!
イカを避けてきたワケじゃないねんけど、
船釣りだと、胴付に浮きスッテをいくつも付けて、
なんか絡まりそうやし、
釣行も集魚灯でベイトになる小魚を寄せるため
ほとんど深夜になるし、
「ちょっと面倒」ってだけ。

今回は専用ロッドを購入し、ヤル気満々!
しかし、マイカの方はここのところの水潮に、
すっかりヤル気を喪失しているようで、
釣果は全く期待できないとの情報。
しかし、シーズン終了までもう時間がない、
せっかく新調したロッドを来シーズンまで使わないってのも
悲しい話しなので、ボウズ上等!玉砕覚悟で行ってきました。

Dsc_0410

敦賀・色浜からの出船。
自宅から車で約2時間強。
15時半集合で、くじ引きで釣り座を決め、
16時半出船。
ポイントまでは約50分。

船長に初挑戦であることを伝え、
イカメタルの釣法について簡単なレクチャーを受け、
いざ挑戦!

Dsc_0419

アタリかな?と思ったら即合わせ!

いつものジギングとは違い繊細なアタリを取るイカメタル。
竿先に神経を集中させ…
合わせること数十回、一度も釣ったことないから、
どれがアタリか分からず、潮の流れをアタリを勘違いしまくり…

これは明確なアタリ!と合わせをいれるとズシリ!
タダ巻きで上げる途中にゴンと反応があり、
何となく軽くなったような…
巻き上げてみると、エギには足だけ…
釣果を妨げているサゴシに喰われたよう。

BRIOはサゴシの猛攻に遭い、
錘スッテを取られ、ラインを切られ、ホンマに災難。

なんとなく、アタリが分かり始めて…

Chikuhomaru

初マイカ!良型!

しかし、この後またまた厳しい時間が続き、
ちょっとタナを下げてみるとヒット!

Dsc_0413

スルメイカ。
あまりにもマイカのアタリが来ないので、
深いところにいるスルメイカを狙ってみたら、ヒット!
でもこれ以降、スルメイカはアタリなし…

1時間に1杯的な、しんどい釣行でしたが、
船内皆そのような感じで、
まぁ仕方ないか…
シブい時期での初挑戦にしては上出来でしょう。

釣果はマイカ5杯、スルメイカ1杯。

Dsc_0414

23時40分納竿。
帰港したのは24時半。

Dsc_0416

SAで仮眠をとりつつ帰宅。

家族の朝ごはんに間に合うようにお刺身に。

Dsc_0417

Dsc_0418

さすがに美味しい!甘い!

活性の高い時期にはひとり数十杯釣るのがフツーだと聞くけれど、
その時期に行くと楽しいんやろなぁ。
さばくのも簡単なので、数釣りもいいもんなぁ。

マイカのシーズンは終了で、来月からはタルイカ狙い。
胴長1m以上を狙ってみたいなぁ。
ヒットして逃げるときのジェット噴射もハンパないらしい。
楽しみじゃ。

| | コメント (5)

カジキマグロへの道 ~2837日目~

取引銀行の支社長は本物の釣りキチ。
時間があれば、お金があれば、釣りにつぎ込むらしい。
よく釣りビジョンで見かける某釣り具メーカーの開発スタッフさんたちと
一緒に釣行に出る機会も多いとのこと。
しかし行内に釣りが趣味だという行員がおらず、取引先にも数人程度。
その数人のうちの一人になってしまったもので、
支社長との面談時の話題はいつも釣り。

「今度、直江津工場を見学させてくださいよ~!」

直江津なんて滅多に行く機会がないので、
ぜひそこで釣りをしてみたいのでしょう。

タックルがたくさんになるので車で行くことに。
50ℓのクーラーボックス2つにタックルボックス3つ、
ロッドは8本に着替えやなんやかんや積み込むと、
愛車はルームミラーが見えないくらいタックルで満載…

宝塚のご自宅まで迎えに行き、直江津まで500キロ。
事故渋滞のために約7時間…しんど…

工場見学や港湾施設の見学を済ませて、
夜の宴席は日本海に面した料亭。
お天気にも恵まれ、水平線に沈む夕陽を眺めながらの会食。

Dsc_0273

ついつい勧められるままに飲み過ぎた日本酒のおかげで、
翌朝4時の集合時間にまさかの寝坊!
酔っ払って目覚ましの時間をセットし間違えた!
何とか5分で用意して謝る謝る…m(__)m

ジギング船はチャーター。

201311131250456679




今日は全く潮が動かず、船長もあきらめモード。
青物は全く喰って来ず、何とか根魚を引っ張り出すことに集中。
支社長は鯛カブラやインチクを使って、
アコウを続けざまにヒット。
拙者にもフォール中にようやくヒットが。
上げてみると赤色ではなく真っ黒。
黒ソイでした。しかし40㎝超で満足。
それからも潮が動かない厳しい状況やったけど、
40㎝超のアコウもヒットしてくれたので良かったぁ~。

Dsc_0277

12時に釣行を終えて、そのまま500キロ運転。
渋滞が無くて良かったけど、さすがにクタクタや~。
釣りキチ支社長からいろいろと学ぶところもあり、
仕事にも趣味にも有意義な出張になったということで、
今後の業績と釣果の右肩上がりに期待!(笑)

| | コメント (2)

カジキマグロへの道 ~2816日目~

毎年7月の恒例になった「浦島タラジギング」へ。
今回の釣行メンバーはBRIOにヤマモンの3人。

今回はこんなジグを持って行きました。

1_2

梅雨なので心配していたお天気も曇り時々晴れ。
出船には問題なし!

朝7時に宮津港から出船し、浦島漁礁まで約1時間半強。
強風で波も高い。

200~250mの水深で、それも底から数メートル勝負の釣りなので、
今日は苦戦しそう。

まずは浦島でのタラジギング。
波が高く揺れる揺れる。
思うようにジグが動かせないし、
オマケに最悪のキツイ2枚潮…

そんな悪条件の中でもヤマモンがミニタラを1尾!

しかし船酔いでそのままキャビンへ。
結局、最後まで復活することなく、
ヤマモンはキャビンで一日過ごすことに…

3_2

せっかく今日のためにクーラーボックスを新調したのになぁ…
シマノ製やのに安いのがあったんです!
と昨夜釣具屋さんからのLINE。
今朝、港に着いて車から下ろし、船まで運ぶ時に初めて気付いたらしい…

「安いハズや… キャスター付いてへんやん…」

苦戦しながらも、60cmのタラちゃんゲッツ!

2_2

もう1尾、ひと回り小さいタラちゃん1尾追加で終了。

次はカレイ。
これまた、底から50cmでの勝負なので、
この高波と潮ではツライ…
底にジグを置いてしまって、
背中合わせの人とオマツリさせること2度…
申し訳なかったなぁ~。

しかしちゃっかり…

Dscn0092s1

いやいや、今日の釣りは難しかった…
久しぶりのジギングで、感覚が鈍ってたこともあったけど…
釣りたかったタヌキメバルも釣れず…
また来年、リベンジですわ。

4

タラ 2尾。
カレイ 2尾。
沖メバル 2尾。

地味~に帰港。(笑)

5

最近は鯛カブラやスロージギングの機会が増えたけど、
久しぶりに青物狙いの釣行も行ってみたいな。
ファイトを忘れてしまいそう。

次回は恐らく直江津から出撃。
どんな釣行になるのやら…

| | コメント (0)

カジキマグロへの道 ~2739日目~

昨年7月以来の出船デス!
BRIO、TARZAN、ヤマモン、カツオと5人で出撃。

今回、BRIOが選んだのは鯛カブラ。
ポイントは宮津から出船して約1時間半。
110~130mの深場での真鯛狙い。
潮も速いので250gまでのカブラを用意するようにと。
250gのカブラなんであるん?って感じ。
鯛カブラと言えば、明石での水深50mまでで、
せいぜい50~60g程度。
250gなんて必要あるんかいな?

必要あるんです!!!

潮が速くて、250gでも底取りは至難の業。
110mの水深で180mもラインが出るし…
引き重りがすごくて、巻き取るのも必死のパッチ。
風が強くて船はメチャ揺れで立ってるのも必死のパッチ。
まぁ苦労しましたわ。

船中、まったくアタリ無し。
時間だけが過ぎていきます…

と、思ってたらコンコンッと軽いアタリ。
このアタリは真鯛じゃなくって根魚やろうと思い、
一発合わせを入れると、バレてしまいました…
真鯛やったんやろなぁ…

しばらくして、モゾモゾっていうアタリが。
これはカレイでしょ。
昨年7月にも釣った宗八カレイ。
美味しくて好評でした。
バレないように巻き続け、無事ランディング。

12991078_1023702437697502_479437665


ヤマモンもヒット?
「ちゃいますねん。回収してるだけですわ。」
と言ってたのに…

13015400_1023702457697500_679662344

「あ…釣れてましたわ。」と会心の笑み。


今日は午後便を選んだのが失敗。
宮津港から朝5時という出船時間に怯んでしまい、
いい潮を逃してしまいました。
朝便はそこそこの釣果だったので、
やっぱ楽したら釣れませんな。

40センチ強の宗八カレイを今日はお刺身で。

12987164_837977382973790_7260365940

まずは両面のうろこを落とします。

13051534_837977399640455_8039621636

それから5枚に下ろします。

13007180_837977412973787_6846939739

皮を引いて…

12974290_837977429640452_1026167261

お刺身に。

12985383_837977459640449_1602890951

これだけ新鮮だと、お刺身もお塩で食べると美味い!

今年は釣りも復活しようと思うので、
Caissonsの皆さん、よろしくお願いしますね!

| | コメント (2)

カジキマグロへの道 ~2606日目~

Img_1614


波平、KANTAと3人で淡路島…   釜口漁港。

Img_1608



いいお天気で。

なぁ~んにも考えず、

テトラの隙間にブラクリをポチョリンと。

Img_1611


波平。

このサイズ2連発!

ちょい投げの探り釣りでも…

Img_1612


疲れたら…

Img_1607


横になる。


こんな釣りが… 楽しい。

また行こな。

| | コメント (2)

カジキマグロへの道 ~2459日目~

3年ぶりのタラジギングへ!

昨年も計画していたのですが、いろいろあって断念。
出撃したBRIO、ヤマモンの釣果は爆釣とのことで、
今年こそはと気合いが入っておりました。
爆釣の2人に昨年の状況をたずねてみると、

「ジグ落としたら、速攻で食ってきますよ。」
「どんなジグやったん?」
「どんなジグでも食いに来ますよ!」

超楽観的な2人。

3年前は1尾しか釣れていなかったので、
情報を仕入れるべくネットで調べてみても、
比較的好釣果な感じ。
だったら釣れるでしょ!と思ったのが大間違い…

今年も水深220mからスタート。
確かに釣れる。
けれど、果敢にジグにアタックしてくるのは、
40cmくらいのミニサイズばかり…
リリースしたいけれど、リリースしても生きて戻れない。
ということでクーラーボックスへ。

しかし、このミニタラちゃんを釣り上げるにも、
やはり200m以上手巻きするわけで、ホンマに腕が攣りそうに…

ここはアカンで…と思っていたら、

S1dscn0403

ヤマモンが良型を!
ホンマに持ってますわ、ヤマモンは…

しかしチャンスタイムに突入かと期待して頑張るも、
やはり釣れるはミニタラちゃんばかり…
結局、ミニタラ5尾でタラジギングは終了…残念!

移動して200m前後のポイントでのスロージギング。
3年前に釣ったタヌキメバルが美味しかったので、
何とか1尾!

ヒット!でも軽い…軽すぎる…

S1dscn0411

ユメカサゴ。
船長曰く「美味しいですよ!」
初対面なのでキープです!

A_yumekasago

次のヒットは典型的な根魚のアタック!
狙っていたタヌキメバル!

A_tanuki

35cmの良型でした。
これはきっと家族もよろこんでくれるやろなぁ…

今回はタラジギングとスロージギングの他に、
「宗八カレイ(エテカレイ)」狙いのジギングも。
これは全く初めてなので、すごく興味あり!

水深200m超で、ベタ底でジグをアピールすると食ってくる、
アタリも明確とのことで、癒してもらえるそうな。
シャクってアピールするというよりも、
底から1m以内で微妙にアクションさせる感じかなぁ。
こんなジグを投入してみました。

A_hit_jig

アタリが何度かあり、せっせせっせと200m巻き上げてみると、
バレてるし…

次のヒットは完全に乗った!さっきまでと重さが違う。
しかし、200m巻き上げるのはキツイ…

S1dscn0414

40cmの宗八カレイ!
もう1尾追加して初めてのカレイジギングは、
ジギングって感じではないけど、楽しめました!

A_karei

30度を超える猛暑。
湿度も高いし、200mを手巻きやし、ホンマにバテバテ。

でも根魚狙いは面白い。
水面に上がってくるまで何が釣れたか分からないドキドキ感、
食べて美味しい魚が多いし。
岩場だと根掛かりも多いけど、リスク冒して攻めないと釣れないし。

釣果はミニタラ5尾、ユメカサゴ1尾、タヌキメバル1尾、宗八カレイ2尾でした。

そうそう!今回BRIOが水深200m超から珍しいのを巻き上げた…

S1dscn0410

タコ!
立派なサイズで船上皆びっくら!
きっと美味しいんやろね~。



お持ち帰りのミニタラちゃんはソテーに。

A_tara_steak

後は煮付けにして、美味しくいただきました!
今回も家族の一番人気はタヌキメバル。
プリプリやったぁ~。

A_tanuki_nitsuke

A_karei_nitsuke

今回はロッドを海に落とすこともなく、無事終了!

実は目覚まし時計を勘違いして30分遅くセットしてしまって、
6時半の集合やのに、起きたら5時…
慌てて飛び出して、中国道から舞鶴道を制限速度内でぶっ飛ばすという、
何とも危ない…
集合時刻の5分遅れで迷惑はかけずに済んだものの、
これはしっかり反省ッス!

| | コメント (6)

«カジキマグロへの道 ~2431日目~